おんぶってこんないいことあるよ

2020年6月28日
おんぶについて♡
おんぶってこんないいことあるよ
赤ちゃんの首がすわってくると、おんぶをする機会も増えてくると思います。

今日はおんぶすることでどんないいことがあるかお伝えします。

赤ちゃんにとって一番いいことは、おんぶしてもらうことによって、ママの背中にぴったりくっつくため、心が安心、安定します。

例えば、散歩の時におんぶすることで、ママと同じ目線になり、同じものを見ることができ、五感も刺激されます。
「鳥がないたよ♪ 可愛いね~。」「風が吹いたよ。気持ちいいね~。」と言葉をかけてあげることで、ママとのコミュニケーションも深まり、言葉の豊かさにもつながっていきます。
おんぶってこんないいことあるよ
それから、ママが家事をする時におんぶすることで
「洗濯ものを干しているんだよ。きれいになって気持ちいいね~。」「今、人参切っているんだよ。おいしくなるといいね。」などママの言葉によって、赤ちゃんも一諸にやっているかのような疑似体験を楽しむことが出来ます。

その体験が、2~3才になった時に、お手伝いの意欲と生活する力につながっていくんです。

そして、おんぶは、赤ちゃんの心だけでなく、体にもいい影響を与えてくれます。
ママの背中にしがみつく姿勢になるため、体幹が自然と鍛えられ、バランス感覚も育っていくのです。
おんぶってこんないいことあるよ
では、ママたちにとって、おんぶのいいところはどんなことでしょうか?

両手と前面が空くことで、ストレスなく家事をすることができます。
子育てや家事はどうしても前のめりの姿勢になることが多く肩や腰に負担がかかってしまいますが、おんぶすることによって重心が高くなるので、負担が軽減されます。

ママの体と心にとっても、おんぶは一石二鳥ですね♡
おんぶってこんないいことあるよ
最後におんぶをする時のポイントをお伝えします。

・赤ちゃんの首がしっかりすわってから始めましょう。

・体を密着させ、赤ちゃんがママの耳に触れられるくらいの高い位置でおんぶしましょう。
高い位置でおんぶしないと、赤ちゃんの頭が後ろに倒れ、自然と口が開き、口呼吸になってしまいます。鼻呼吸でなく口呼吸になってしまうと、ウイルスが直接体内に入ってしまい、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
おんぶってこんないいことあるよ
以上のポイントに気をつけながら、いいこといっぱいのおんぶを楽しんでくださいね♡

みほこ♪
閲覧回数210回