『食べる』ことって・・・

2018年8月28日
8月子育てサロンテーマトークは『幼児食』『離乳食』
『食べる』ことって・・・

子育てサロンでは月に一度20分程度、お母さん方の学びの場として『テーマトーク』を開催しています。。

8月27日月曜日のよちよちサロンでは「幼児食について」

食に関する事はお母さん方にもとても関心のあるテーマ。

講師は東根市子育て健康課、管理栄養士の武田恵氏をお招きしました。

幼児食は歯の生え方によって食べ物の大きさ、やわらかさ、カットの工夫をしたり

奥歯が生えそろってない時期でもあるためスティク状にしたものを『かじる』『かじりとる』という体験をしっかりする

そして…

どうしても食べたり食べなかったりするが多いよちよちサロン時期の子ども達なので

しっかり遊ばせて!お腹をすかせて『食べる』という生活リズムをつくることや、一緒にママやパパ、みんなで食べることで、『食事の楽しさ』も伝えましょう!と話をしてくれました。

『食べる』ことって・・・
つづく28日火曜日のたっちサロン。6ヵ月~1才のママたちが真剣に耳を傾けてくれました♡

●生活リズムも整ってくる時期なので、それに合わせて一緒に食卓を囲むと食事への楽しさと意欲がアップしますよ

●他の子と比べずに、長い目で見守ってくださいね♡

●先ずは自分たちの食事を決めて、そこから前もって取っておき薄味に調理する・・という感覚でいると楽ですよ♪

・・というお話をしてくださいました困惑






『食べる』ことって・・・
30日木曜日の赤ちゃんサロンは、離乳食のスタート時期
始まるサインとして・・・
○授乳のリズムがしっかりしている。
○おもちゃをなめたり、指しゃぶりをしたりする。
○首がしっかりすわり、支えがあればすわってられる。
○大人が食べる様子をしっかり見ている。
ちょうどこの時期が生後5~6ヵ月頃になります。

お米のお粥からスタートになりますが、まずは「ごっくん」と飲み込む練習になります。
一日一回ひとさじから・・・赤ちゃんにとって初めての経験なので、うまくいかなくても、焦らないでね!とママ達にお話ししてくれました。

離乳食は「食べること」はもちろんですが、食べることって楽しいよ(^^)って伝えることも大切です。食事は毎日続くことなので、一歩一歩進めていきましょうね♪





閲覧回数283回